上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良で2シーズン目の冬が来た、atelier scrambleです。

11/28(もう今日ですね)はハッピーアースマーケットです。
新作石鹸も揃えていますので、久宝寺に来た方は遊びに来てくださいね。

今回はエコを謳っているイベントということで
101128_2
端っこ石鹸を持っていきます。
いろいろと使い道があって便利ですが、商品価値があるかどうかは…?
とりあえず、需要があるかどうかを知りたいので、文字通り端っこに置いてみます。

スポンサーサイト

秋の夜長にホームシック気味のatelier scrambleです。

11月末~12月始めにかけてイベントに出店いたします。
新作の石鹸も出来上がりましたので、あわせて紹介。

☆イベント出店予定☆
11月28日(日) ハッピーアースマーケット@久宝寺緑地

環境問題、国際協力、フェアトレード、エコライフ、多文化交流、オーガニック、地産地消、自然素材、
手作り、食育、子育て等をキーワードに出店者が集まり、生活に役立つワークショップや
環境をテーマにした展示、そして体で自然を感じることができる企画(ライブ、スポーツ等)を実施します。
(公式HPより引用)

たくさんのブース出店(100ブースあるそうです)と、様々なイベントもあるようですよ。
参加する私も楽しみです。

☆新作石鹸☆

ゆずミルク…ご好評いただいている長野・八ヶ岳高原の牛乳を使ったミルク石鹸。
12月にあわせたゆずの香りのミルク石鹸ができました。
フレグランスオイルの香りながら、やさしい柑橘の香りがします。

すぎな68…すぎなをオリーブオイルに漬け込んだ浸出油を使用。芍薬と甘草のパウダーを混ぜ込みました。
なぜ68なのか?それは漢方の「アレ」にちなんだ命名です。

インドハーブ…インドハーブのアムラ・シカカイ・ブラーミのパウダーと、インドの泥のムルタニミッティを
混ぜ込んだ石鹸。お香のような香りがします。

そのほか、子供人気ナンバー1(本人の独断)のいちごミルクや葛石鹸シリーズも再販いたします。

良かったら遊びに来てくださいね。
12月にもいくつかのイベントに参加する予定ですので、そちらも追って告知いたします。

☆素材の良さを引き出すこと
石鹸に使用する油脂(植物性・動物性)・ハーブ・精油・合成香料・水に至るまで
すべてをひとつひとつの「素材」として考え
それらを最大限に活かす石鹸作りを心がけています。
石鹸に対する嗜好は様々です。
自然素材のみを好む方、良い香りなら合成香料でも良い方、
シンプルなものが好きな方、沢山の素材を盛り込むのが好きな方・・・
特定の素材を否定するのではなく、すべてをフラットに捉え
組み合わせや使用方法によって、よりよい石鹸を創りだすことが
作り手としての役目だと考えています。

☆「選ぶ」ことを楽しんでほしい
当店の石鹸は原材料の表示と、出来る限り材料の産地の表示をしていきます。
素材がどこで作られているのか、それをどんな思いで石鹸にしているのか。
使い手はどれを選び、日常でどのように使っていくのか。
自分の生活スタイルや気持ちによって石鹸を選び、
素材を選ぶ楽しみを提供できたらと思っています。

☆パーム油を混合しています
手作りの石鹸は溶けやすいという特徴があります。
それを解消するために、当店では石鹸の固さを出すために使用する
パーム油を融点の高いもの(融点48℃程度)と
通常の融点(融点36℃前後)のものを混合し、
固さを調整したパーム油を使用しています。
また、混合するパーム油の一部に有機パーム油を使用しています。

☆ハーブ浸出油をエタノール抽出にて作っています
当店の石鹸にはハーブを漬け込んだ浸出油を多く使用しています。
浸出油を作るときにエタノールにハーブを浸し、それを油脂に漬け込み
エタノールを熱で蒸発させる方法(ウルトラ抽出)で浸出油を作成しています。
ハーブの水溶性・油溶性成分をどちらも抽出できる方法として用いています。

☆石鹸に使用している水は天然の湧水です
石鹸を作成するときは苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)溶液を使用しますが
溶液作成時に使用する水は、奈良県内で湧き出た天然水を使用しています。

当店の石鹸は、油と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を反応させたときに出る熱によって鹸化させる
「コールドプロセス」という製法で作成しています。
未使用の石鹸は日光や高温多湿の場所を避け、冷暗所に保管してください。
製造年月日より一年以内のご使用をお勧めします。
(原料の油脂によっては、半年以内でのご使用をお勧めする場合もあります)

ご使用中の石鹸の表面が粘りのある状態になることがありますが
これは石鹸に含まれる成分のグリセリンが水分を含んだものです。
手作りの石鹸は溶けやすく、水分を引き寄せやすくなっています。
ご使用後の石鹸はよく水分を切り、乾燥した場所に移しておくと石鹸が長持ちします。
未使用の石鹸は乾燥した冷暗所に保管し、包装してある紙が湿り気を帯びた場合
半紙のような通気性の良い紙に包み替えると、良い状態を保つことができます。

当店の石鹸は製造時に苛性ソーダの量を調整し、石鹸の中に未鹸化分の油脂を
残すように作られています。
保管してある石鹸に茶色い斑点が現れたり、使用済みの油のような臭いがした場合、
石鹸の中に残した油脂分が酸化してきていますので、お早めにご使用下さい。

-----------------------

当店の石鹸は、専門機関による成分分析(JISK3304・石けん試験方法)にかけた
家庭用品品質表示法に基づく「洗濯用石けん」または「台所用石けん」となります。

-----------------------

薬事法に基づく「化粧石鹸」を製造・販売する為には
「化粧品製造業」及び「化粧品製造販売業」の認可を受けないといけません。
化粧品の認可を受けていない石鹸は「洗濯用または台所用石鹸」
「雑貨石鹸」の分類となります。
当店の石鹸は専門機関による分析(JISK3304・石けん試験方法)にかけ、
純せっけん(脂肪酸ナトリウム)の含有重量を表記した
家庭用品品質表示法に基づく「洗濯用または台所用石鹸」として販売しています。

当店の石鹸は、原材料の選定から製造過程においても細心の注意を払い、
品質チェックや使用テストを行い管理を徹底しています。
ご使用の際は原材料をご確認の上、各個人の責任の下、正しい使い方を順守して
いただきますようお願いいたします。

ご質問・お問い合わせがございましたら、メールフォーム、または
atelierscramble☆gmail.com (☆を@に変えてください)
までご連絡ください。



最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。