FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも告知と報告ばかりの味気ないブログなので、ちょっと原点に戻ってみます。

石鹸屋を生業にしている私の
石けんを作り始めたきっかけ。
当店のFacebookページ(http://www.facebook.com/scramblesoap)に掲載した文章です。

----------

もともとは手作り石鹸のいち愛好家でした。
ネットで「無添加」とか「優しい」とか
そんな単語で化粧品を検索をしていたときに出会った
手作り石鹸の世界。
市販品ではなく、一個人が自宅の台所で作ったという
石けんがあるというのを知り、WEB通販で購入してみたのが最初でした。

初めて使った時、それまでに出会ったことのない
泡の感触や素材の感じられる「手作り石鹸」というものに
あっという間にハマってしまったのです。
買い集めた何十個の石けんが入ってる箱を開けては
匂いを嗅いで悦に入るという、
分かる人には解る幸せを感じていました。

それだけ石けんが好きだったのですが
作ることに興味はありつつ、なんとなく作るきっかけがないまま
買った手作り石鹸に囲まれることに満足して何年か過ぎました。

そんな私が、両親の夢だった田舎暮らしに伴い
東京から長野県諏訪に移住をしました。
生まれてから横浜と東京しか住んだことのなかった私が、
いきなり長野の山の中暮らしとなったのです。

店もないし、娯楽もないし、気軽に遠出もできないことに
戸惑ってばかりの日々。
暇つぶしに散歩しても森ばかりの環境に
嫌気すらさしてきたある時、
「そうだ、石けん作りをすればいいんじゃない?」
とふと、思いついたのです。
東京では何となく作らなかった石けんを、ここで作るのもまたいいものかなー
位の軽い気持ちでしたが
問題はこんな田舎に苛性ソーダ(石けん作りに必要な劇物)があるのかどうか。

「薬局にあったら作れってことだよな」なんて思いながら
村に1件しかない調剤薬局にを取り扱っているか尋ねた所
「ああ、ありますよ」
と目の前にポン。
あっさり苛性ソーダが手に入ったので、じゃあ作ってみるかーと
薬局の近くにある、村に1件しかないスーパーでオイルを買って帰りました。

こんな軽いノリで、石鹸作りを始めたのです。
もちろん、その時は石鹸を生業にするなんて思いもよらず。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。